TANAKA住宅関連金物カタログvol.24
58/292

56筋かい金物柱接合金物ホールダウン金物羽子板短ざく金物座金火打金物たる木金物梁受け金物大引き受け金物スチール束土台 基礎関連ビス釘 他オメガメタルブレースステンレス金物エコネクターZマーク金物Cマーク金物制震工法換気金物建築現場関連商品2×4用金物関連リフォーム金物T-WOOD FRAMESSマルチタイダウンシステム桁梁オメガ丸座金70大入れ蟻掛けTBB-75 3本TBA-65 4本W羽根UビスタイプM12用平ワッシャーZ六角ボルトM12×125ネジの掛かり 15mm以上35mm35~40mm桁梁W羽根U ビスタイプ桁梁専用角ビットビス TBA-65 4本Z六角ボルトM12×12570~82mm■寸法図10セットオメガ丸座金70W羽根UビスタイプZ六角ボルト M12×125材質表面処理JIS H 8610(電気亜鉛めっき)及びJIS H 8625 Ep-Fe/Zn8/CM2 CJIS G 4051 S20C 相当JIS G 3131(熱間圧延軟鋼板及び鋼帯)SPHCJIS B 1180及びJIS B 1051(強度区分4.6を満足する炭素鋼)相当オメガ丸座金70W羽根UビスタイプZ六角ボルト M12×125商品コードAA6510梱包(1ケース)付属金物専用角ビットビスTBB-75(30本)専用角ビットビスTBA-65(40本)M12用平ワッシャー(10枚)Z六角ボルトM12×125(10本)重量(1ケース) 6.9材価格(円/セット) 900既存建物の桁や胴差と梁を接合する場合に、外壁に手を加えることやボルト孔加工をしなくても施工が可能です。リフォーム用羽子板セット 性能試験済●W羽根U ビスタイプ●オメガ丸座金70用途・特長施工方法横架材と柱及び横架材同士の接合に使用します。①桁、胴差に直交する梁に、ボルト孔をあけずに取り付けることができます。②リフォーム時に羽子板ボルトのための孔加工や外壁に手を加えることなく、横架材同士の接合ができます。③ボルトのネジを受ける部分が長いため、横架材の引き寄せも十分に可能です。④ハウスプラス確認検査(株)による接合部性能試験済み商品です。①「オメガ丸座金70」を桁と梁及び通し柱と桁との接合部に位置を合わせ、専用角ビットビスTBB-75を桁側または通し柱側に3本とめ付けてください。②六角ボルトの長さに合わせて「W羽根Uビスタイプ」の位置を決め、専用角ビットビスTBA-65を梁側に4本とめ付けてください。(ネジ部は15mm以上掛かるようにセットしてください) ③六角ボルトに付属の平ワッシャーを通し、工具で締め付けてください。※梁と桁の接合部は必ず仕口加工を施してください。■取付参考図●側面図●上面図●Z六角ボルト M12×125ハウスプラス確認検査(株)性能試験 HP13-KT132短期基準接合耐力 11.9kN198M12φ10.635以上125φ70356φ16φ8.04.53.2φ6.045100403.23.21452.7404020●W羽根U ビスタイプ●オメガ丸座金70●Z六角ボルト M12×125注意事項●指定の用途以外には使用しないでください。●けが防止のため手袋等をはめて作業を行ってください。●ビスを施工する際には、以下の点にご注意ください。・バッテリー式インパクトドライバーをご使用ください。コード式、エアー式は使用しないでください。・ビス頭が金物に接するまでねじ込んだ後、増し締めをしないでください。・金物面に対して垂直に施工してください。斜め打ちは、しないでください。・一度ねじ込んだビスを抜いて、再使用はしないでください。・堅木、木材のフシ部分への施工の際は、下穴をあけてからねじ込んでください。TBA-65W羽根Uビスタイプ側(使用本数4本)TBB-75オメガ丸座金70側(使用本数3本)M12用平ワッシャー桁梁オメガ丸座金70大入れ蟻掛けTBB-75 3本TBA-65 4本W羽根UビスタイプM12用平ワッシャーZ六角ボルトM12×125ネジの掛かり 15mm以上35mm35~40mm桁梁W羽根U ビスタイプ桁梁専用角ビットビス TBA-65 4本Z六角ボルトM12×12570~82mm1910.875TBB-75659.3TBA-65198M12φ10.635以上125φ70356φ16φ8.04.53.2φ6.045100403.23.21452.7404020●W羽根U ビスタイプ●オメガ丸座金70●Z六角ボルト M12×125198M12φ10.635以上125φ70356φ16φ8.04.53.2φ6.045100403.23.21452.7W羽根U ビスタイプ●オメガ丸座金70●Z六角ボルト M12×125

元のページ  ../index.html#58

このブックを見る