TANAKA住宅関連金物カタログvol.24
36/292

34筋かい金物柱接合金物ホールダウン金物羽子板短ざく金物座金火打金物たる木金物梁受け金物大引き受け金物スチール束土台 基礎関連ビス釘 他オメガメタルブレースステンレス金物エコネクターZマーク金物Cマーク金物制震工法換気金物建築現場関連商品2×4用金物関連リフォーム金物T-WOOD FRAMESSマルチタイダウンシステムビス TBF-30T-WOOD FRAMEは、一般財団法人 日本建築センターの評定を受けています。M100・Y100DIC156(第18版)C65・M70・Y70・K20DIC332(第18版)中ボルト L-210MH-180軸組梁フレーム梁軸組柱フレーム柱土台基礎角座金 W9×80角ラグスクリュー L-300TF補強鋼板105ドリフトピン MDP-103ドリフトピン MDP-103TF柱脚金物105用SW付丸座金SW付丸座金T-WOOD FRAMEは、木造軸組構造内部に設置する柱梁フレームです。耐力壁と開口部を両立させることが可能です。特殊な部材を使用しない構成になっているため、作業に熟練度が必要なくスムーズに施工できます。T-WOOD FRAME 用途・特長使用上の注意①耐力壁の配置が困難な、狭小地の開口面や建物南側の窓部分などに取り付ける事により、車庫スペースや採光を確保できる開口部でありながら耐力壁のような剛性が確保できます。②建物のバランスがとれるため間取りのプランニング自由度が広がります。③在来軸組木造の新築建物に施工が可能です。④軸組の柱間隔(スパン)は1,818mm~6,370 mmまで対応が可能です。①T-WOOD FRAMEは、ラーメン工法ではありません。在来軸組工法の柱・横架材と合わせてご使用ください。②ご使用の際は、許容応力度計算が必要です。③軸組梁からの鉛直荷重を負担することはできません。④2階部分以上にはご使用できません。1階部分にご使用ください。また、建物斜め方向への配置はできません。X・Yいずれかの通りに配置してください。⑤指定の用途以外には使用しないでください。⑥けが防止のため手袋等をはめて作業を行ってください。⑦詳細につきましては、「T-WOOD FRAME技術資料」及び「フレーム耐力計算用エクセル」をご用意しております。お問い合わせ CSセンター 0120-558-313CセットAセットBセット※105-11Sの場合AセットT-WOOD FRAMEは、一般財団法人日本建築センターによって、建築基準法令その他技術基準等に照らして、その性能を評価された商品です。BCJ評定 LW0047-012

元のページ  ../index.html#36

このブックを見る