TANAKA住宅関連金物カタログvol.24
275/292

羽子板ボルト・短冊金物Q15羽子板ボルトは六角ボルトではなく、ラグスクリューボルトで施工してもよいのでしょうか?A15Zマークの羽子板ボルトは接合具がZ六角ボルトM12と決められております。新腰高羽子板ボルトはラグスクリューボルトを接合具として同等認定を取得しておりますので、ラグスクリューボルトM12(L=100)で接合することができます。Q16オメガ短冊スリム10は告示記号(に)の箇所に使用してもよいでしょうか?A16オメガ短冊スリム10は横架材の継手の補強専用になりますのでご使用いただけません。上下階の管柱の連結には巾広短冊金物SD L=415は対応可能です。梁受け金物Q17梁受け金物を施工するために羽子板ボルトは必要ですか?A17梁受け金物は梁同士を接合する仕口に相当します。そのため、梁を引き寄せる羽子板ボルトは必要になります。Q18梁受け金物(ツメなし)の120巾120タイプの場合、羽子板ボルトはどの位置を通せばよいのでしょうか?A18梁受け金物(ツメなし)には羽子板ボルトを通すための楕円の孔が開いております。小さいサイズの場合でも同じ位置に孔開けしていただければ、金物の下を通ることになります。(梁の上端から65mm)梁受け金物(ツメなし)65mm65mm273

元のページ  ../index.html#275

このブックを見る