TANAKA住宅関連金物カタログvol.24
272/292

柱接合金物Q7管柱の柱頭と柱脚で異なる種類の金物を使用してもよいですか。A7N値計算や構造計算をしていただき、その箇所に必要な耐力の性能を満たした金物であれば、柱頭と柱脚で異なる種類の金物を施工しても問題ありません。Q8「柱頭柱脚金物」の商品紹介ページの中で「引き寄せ機能はありません」という表記がありますが、これはどういったことですか?A8これらの金物はビスで施工することでホールダウン金物に遜色ない柱と横架材の接合に十分な耐力を確認しております。しかしながら、ホールダウン金物のように材そのものを「引っ張り寄せる」という機能はないということです。Q9横架材の寸法と柱の寸法が違うため段差が発生してしまうのですが、その段差の上からプレートの柱頭柱脚金物を施工してもよいですか?A9段差の上から金物を曲げて施工するとその性能が十分に発揮されないおそれがあります。段差が生じる場合にはプレート金物をコーナー金物に変えるなどしてください。105mm120mm105mm120mm横架材横架材柱柱段差上に曲げて取り付けている270270

元のページ  ../index.html#272

このブックを見る