TANAKA住宅関連金物カタログvol.24
22/292

環境配慮型表面処理920接合金物の表面処理について……平成12年建設省告示1460号制定以降、木造住宅用接合金物の果たす役割とその重要性が認識され、それに伴い強度性能はもちろん耐久性が求められてきました。近年「長期優良住宅の普及」や「公共建築物の木造化」といった流れの中で、木造建築物に使用する接合金物の耐久性を高めていくことは木造住宅の長寿命化を実現するために重要な課題となっています。接合金物の耐久性を高めるため、その表面処理は重要な役割を果たしています。平成24年には公益財団法人日本住宅・木造技術センターが定める「木造建築用接合金物認定規定」が改正、施行されました。この改正により、新たに接合金物の使用環境区分が定められるとともに、防錆防食処理等の性能認定も実施されるなど、表面処理についても新たな段階に突入しました。また、近年、地球環境保全の立場から有害物質である六価クロム化合物を含まない、環境問題に配慮した表面処理が求められるようになりました。こういった状況の中で弊社は強度性能、耐久性能を高めると同時に環境問題にも配慮した「エコート®WH処理」やスーパーダイマ®を採用し、従来から取り揃えていた「エコネクターシリーズ」を「エコート®WH処理」「スーパーダイマ®」仕様に一新し、接合金物の「クロムフリー化をさらに進めていきます。接合金物接合具⬇⬇⬇⬇表面処理の進化クロムメート処理角ビットビスダクロ処理エコート®WH処理施工性アップクロムフリーを実現耐久性アップ優れた耐久性とともにクロムフリーを実現「エコート®WH処理」はNOFメタルコーティングス(株)の登録商標です。「スーパーダイマ®」は新日鐵住金(株)の登録商標です。

元のページ  ../index.html#22

このブックを見る