TANAKA住宅関連金物カタログvol.24
126/292

124筋かい金物柱接合金物ホールダウン金物羽子板短ざく金物座金火打金物たる木金物梁受け金物大引き受け金物スチール束土台 基礎関連ビス釘 他オメガメタルブレースステンレス金物エコネクターZマーク金物Cマーク金物制震工法換気金物建築現場関連商品2×4用金物関連リフォーム金物T-WOOD FRAMESSマルチタイダウンシステム■取付参考図■寸法図■土台座金用専用工具 (1ケースに1個付属)基礎アンカーボルトM12孔径18mm土台スクリュー座金Ⅲアンカーボルトの埋設は土台上端から下へ5mm程度埋め込み深さ250mm以上本体とアンカーボルトは15mm以上かかるように施工してください。(推奨)用途・特長施工方法注意事項スクリュー座金Ⅲ性能試験済91サイズ(mm)商品コード梱包(1ケース)付属金物重量(kg/ケース)材価格(円/個)AB4478φ45×341個−0.111,750サイズ(mm)商品コード梱包(1ケース)付属金物重量(kg/ケース)材価格(円/個)スクリュー座金Ⅲ土台座金用専用工具AA4452φ45×35200個(50個入り×4袋)専用工具1個15.5105材質JIS G 3507-1(冷間圧造用炭素鋼)SWRCH8A又は10A相当表面処理JIS H 8610(電気亜鉛めっき)及びJIS H 8625 Ep-Fe/Zn8/CM2 C座金とナットが一体化した金物で、アンカーボルトを締め付け、土台の固定に使用します。①土台上端とフラットに仕上げることができます。②座掘りの必要がなく、土台の欠損を最小限に抑えることができます。③床材や根太を直接、土台に置くことができます。※めり込み耐力については、別途計算書を用意しております。 お問い合わせ CSセンター 0120-558-313①アンカーボルトは土台の上端から下へ5mm程度(許容差上下5mm)になるように埋設してください。②ボルト孔(φ18)にスクリュー座金Ⅲを手で回して取り付けます。③専用工具をインパクトレンチに取り付け、スクリュー座金Ⅲに対して垂直に押しながら、フラットになるまで回してください。●指定の用途以外には使用しないでください。●けが防止のため手袋等をはめて作業を行ってください。性能試験 HP14-KT134 ハウスプラス確認検査(株)めり込み耐力すぎ類ひのき類べいまつ類5.1kN6.6kN7.6kN参考文献・法令・規格平成13年国土交通省告示1024号 第1第一号平成13年国土交通省告示1024号 第3第一号木造軸組工法住宅の許容応力度設計(2008年版)(公財・日本住宅・木材技術センター発行)φ45161.74.535座掘りが不要で施工が簡単です。

元のページ  ../index.html#126

このブックを見る