TANAKA住宅関連金物カタログvol.24
117/292

115筋かい金物柱接合金物ホールダウン金物羽子板短ざく金物座金火打金物たる木金物梁受け金物大引き受け金物スチール束土台 基礎関連ビス釘 他オメガメタルブレースステンレス金物エコネクターZマーク金物Cマーク金物制震工法換気金物建築現場関連商品2×4用金物関連リフォーム金物T-WOOD FRAMESSマルチタイダウンシステム115座金(別売品)(使用枚数1枚)桁梁柱六角ボルト M1240角座金又はZ同等品大入れ蟻掛け座掘り加工:穴径φ60深さ25mm程度90mm以上■取付参考図5ネジ山加工 M121656.529.529.573.270・100■施工図10590L寸法かくれんぼ六角ボルトM12L=180座掘り深さ25mm角座金厚さ4.5mm梁胴差※材巾、座掘り深さ、座金の厚みに応じてボルト 長さを選択してください。※L寸法は90mm以上確保してください。性 能 認 定 公財・日本住宅・木材技術センター性能認定短期許容引張耐力 11.9kNL=70L=100サイズ(mm)商品コードφ29.5× 70φ29.5×100材価格(円/個)390460重量(kg/ケース)2.63.8種類L= 70L=100AA4207AA421020個梱包(1ケース)材質JIS G 3131(熱間圧延軟鋼板及び鋼帯)SPHC表面処理JIS H 8610(電気亜鉛めっき)及びJIS H 8625 Ep-Fe/Zn8/CM2 D(グリーン)用途・特長施工方法金物納まり外観図梁下側から金物は見えません。へほに梁内部に隠れる羽子板ボルト、梁下側から金物が見えないので化粧梁に最適です。注意事項パイプ羽子板かくれんぼSB2-10A16-01,SB2-10C05-01性能認定品82告示1460号第二号(へ)小屋梁と軒桁、胴差と梁の接合に使用します。①金物を梁内部に埋め込みますので、化粧梁に適しています。②従来の隠しボルトに比べ、梁の欠損を最小限に抑えます。③調整のツメがついていますので、ボルト孔の位置合わせが容易です。④金物本体にネジ山が切ってあり、ナットが不要ですので施工が容易です。⑤公財・日本住宅・木材技術センターによる性能認定品です。①パイプ羽子板本体の孔は、梁材に対し、ボルトの長さに合わせて桁材の面から90mm以上の位置にφ30mmの孔をあけてください。②ボルト孔は、桁材から梁材に向かって水平に、パイプ羽子板本体のφ30mmの孔まで貫通させてください。③パイプ羽子板本体をφ30mmの孔に差し込み、ツメを使って調整して、ボルト位置を合わせてください。(写真参照)④桁材側から座金を介して六角ボルトM12で締め付けてください。●指定の用途以外には使用しないでください。●けが防止のため手袋等をはめて作業を行ってください。※柱材はスギ製材と同等以上、横架材はベイマツ製材と同等以上の木材をご使用ください。※柱、横架材の断面寸法は105mm×105mm以上の木材をご使用ください。■寸法図N値2.2以下六角ボルトM12(別売品)(使用本数1本)※認定番号の刻印はSB2-10A16-01に切り替わります。

元のページ  ../index.html#117

このブックを見る