TANAKA住宅関連金物カタログvol.24
106/292

104筋かい金物柱接合金物ホールダウン金物羽子板短ざく金物座金火打金物たる木金物梁受け金物大引き受け金物スチール束土台 基礎関連ビス釘 他オメガメタルブレースステンレス金物エコネクターZマーク金物Cマーク金物制震工法換気金物建築現場関連商品2×4用金物関連リフォーム金物T-WOOD FRAMESSマルチタイダウンシステム柱土台基礎柱横架材N75釘(150mm以下の間隔)枠材に15本以上でとめ付けてください。枠材用ビスどめホールダウンHi-M横架材面から金物までの寸法(締め代)は150mm以上確保してください。枠材(30mm)締め代(150mm以上)Hi-M:枠材30mmHi-M:枠材45mmHi-L:枠材30mmHi-L:枠材45mm枠材用ビスどめホールダウンHiハウスプラス確認検査(株)性能試験 HP14-KT016ハウスプラス確認検査(株)性能試験 HP14-KT018短期基準接合耐力 28.0kN短期基準接合耐力 28.2kNTBB-105(使用本数)Hi-M= 5本Hi-L=10本用途・特長注意事項105TBB-10510.8基礎と柱脚の緊結、柱と横架材の緊結、上下階の柱相互の緊結の際に、パネル枠材(30mm・45mm)を介して取り付けるときに使用します。①30mm厚、45mm厚の2種類の枠材で性能を確認しております。②ボルト用ホールは従来品と同様にクリアランスを設け、ホールダウン用アンカーボルト取り付け位置の微調整が可能です。③従来品に比べ取り付けビスの本数を少なくし、施工性を向上させました。(当社比) ④高張力鋼板を採用し、軽量化と高耐力を両立させました。環境に配慮したクロムフリー対応商品です。⑤平ワッシャ―を使わずに施工が可能です。⑥ハウスプラス確認検査(株)による接合部性能試験済み商品です。①指定の用途以外には使用しないでください。②けが防止のため手袋等をはめて作業を行ってください。③枠材用ビスどめホールダウンHiの柱への取り付け面は、柱頭部と柱脚部を同じ柱面に取り付けてください。④枠材が30mm厚の場合はN75釘を、45mm厚の場合はN90釘を各15本以上用いて枠材をとめ付けてください。⑤枠材に既存の割れが生じている場合や堅木、木材のフシ部への施工の際は、下穴をあけてから専用角ビットビスをねじ込んでください。「エコート®WH処理」は、NOFメタルコーティングス(株)の登録商標です。性能試験済63告示1460号第二号(へ〜ぬ)Hi-L 枠材45mmN値 7.1以下Hi-L 枠材30mmN値 8.0以下Hi-M 枠材45mmN値 5.3以下Hi-M 枠材30mmN値 5.2以下へ30mm厚、45mm厚、2種類の枠材に対応したホールダウン金物です。ハウスプラス確認検査(株)性能試験 HP14-KT050ハウスプラス確認検査(株)性能試験 HP14-KT019短期基準接合耐力 42.8kN短期基準接合耐力 37.8kNエコート®WH処理表面処理材質専用角ビットビスTBB-105 150本サイズ(mm)商品コード梱包(1ケース)付属金物40×149×3.2(t)45×249×3.2(t)AF2H28AF2H43材価格(円/個)重量(kg/ケース)12.6 19.47001,15030個25個種類Hi-MHi-L専用角ビットビスTBB-105 250本板 部 JIS G 3134 SPFH590 U字部 JIS G 3131 SPHCHi-MHi-L■取付参考図■寸法図ぬりちとへぬりちとHi-M:枠材30mm厚の場合φ7.5140149401533.43.2404.5174.51743.31743.3φ7.5240249602038.43.2451212φ7.5140149401533.43.2404.5174.51743.31743.3φ7.5240249602038.43.2451212

元のページ  ../index.html#106

このブックを見る