TANAKA住宅関連金物カタログvol.23
265/288

ホールダウン金物ビスどめホールダウンUを1階の柱脚部に施工する場合、ホールダウン専用アンカーボルトの埋め込みはどのくらい必要ですか?Q11ビスどめホールダウンUを施工しようとしたら、筋かい金物と当たってしまうのですが、どのようにしたらよいでしょうか?A11筋かい金物がすでに施工済みならば、アンカーボルトから高ナットでボルトを継ぐなどしてビスどめホールダウンUを上の方に施工する方法があります。金物や筋かいを切ったり、削ったりすることは避けてください。Q12A12ビスどめホールダウンUを接合するホールダウン専用アンカーボルトの埋め込み深さは下表のようになります。25.0kNまでは360mm以上の埋め込み深さを確保してください。それ以上の耐力が必要な場合は、基礎のコンクリート強度や基礎巾によって異なりますのでご検討ください。種 類短期許容引張耐力アンカーボルトの埋め込み深さ15kN用20kN用25kN用35kN用15.6kN20.9kN28.7kN35.4kN※360mm以上408mm以上503mm以上■ビスどめホールダウンUの性能認定におけるホールダウン 専用アンカーボルト(Zマーク表示金物)の埋め込み深さ※「木造住宅用接合金物の使い方」(公財・日本住宅・木材技術センター発行) による筋かい筋かい柱横架材横架材筋かい筋かい柱金物同士が干渉してしまっているアンカージョイントボルト263263

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

page 265

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です