TANAKA住宅関連金物カタログvol.23
263/288

261筋かい接合金物Q545×90の筋かい(壁倍率2倍)用の筋かい金物を、30×90の筋かい(壁倍率1.5倍)に施工してもよいですか?A5弊社の45×90の筋かい(壁倍率2倍)の端部に接合する筋かい金物は、30×90の筋かい(壁倍率1.5倍)に施工した場合の性能試験は実施しておりません。30×90の筋かい(壁倍率1.5倍)へは1.5倍筋かい用の金物をお使いください。Q6筋かい金物でビス用の孔が多く開いている金物がありますが、すべての孔にビスを打つ必要があるのでしょうか?A6それぞれの筋かい金物は使用する専用ビスの本数が決まっています。その本数で試験を行い、性能を検証しておりますので、それぞれ指定のビスの本数を打っていただければ問題ございません。たくさんの孔が開いているのは筋かいの角度に対応できるようにしているためです。必要なビスの本数につきましては各商品紹介ページをご確認ください。Q7柱、横架材、筋かいの3点をビスでとめるボックス型の筋かい金物を施工すれば、柱頭柱脚金物は省略できますか?A7筋かい金物はあくまで筋かいを固定するための金物になります。柱の引き抜きに対しては柱頭柱脚金物が必要になりますので、告示1460号第2号に従って選定し、施工してください。告示1460号第1号に従った筋かい金物柱横架材筋かい柱横架材筋かい柱側にTBA-65(8本)筋かい側にTBA-45(8本)●:ビス使用孔○:予備孔告示1460号第2号に従った柱金物例[コラム・フィット]261

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

page 263

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です