住宅関連金物施工マニュアルVol.14
37/60

NG×取付参考図寸法図へとりち正正正正正正●柱の引抜き耐力が25kN以上の箇所には「オメガアンカーボルトM16※」を使用してください。 (※Fc21コンクリート、基礎幅135mm、埋め込み深さ200mmの場合の短期許容引張耐力は53.3kNになります。)●横架材から金物までの寸法(締め代)は100mm以上を確保してください。●「ビスどめホールダウンHi28」を柱頭部に使用するには「偏芯座金付ボルトⅡ※」が最適です。直上に管柱がある場合は、両引きボルトM16で引き合わせることも可能です。※43.2kN(べいまつ類時)のめり込み耐力が確保できます。●柱の引抜き耐力が37.6kN以上の箇所を「ビスどめホールダウンHi43」の両引きでとめつける場合には「高耐力両ネジボルト53.3kN」を必ず使用してください。ビスどめホールダウンHi43締め代100mm以上基礎柱土台ビスどめホールダウンHi28柱横架材横架材偏芯座金付ボルトⅡビスどめホールダウンHi43柱横架材横架材ビスどめホールダウンHi43高耐力両ネジボルト53.3kNφ7.5140401533.43.212404.51743.34.51743.3φ7.5240602038.43.245柱土台基礎LHi43を37.3kNを超える箇所で両引きするときZ両引きボルトを使用してはいけませんアンカーボルトの埋め込み深さは引張力に応じた長さを確保しなければいけませんビスどめホールダウンHi43横架材ビスどめホールダウンHi43柱Zマーク両ネジボルトM16※「オメガアンカーボルトM16」なら200mm の埋め込み深さでOK!!(P55参照) ●ビスどめ ホールダウン Hi28●ビスどめ ホールダウン Hi43※アンカーボルト の埋め込み深さ はP54をご参照 ください。性能試験済14924912○35Zマーク両ネジボルトM16

元のページ  ../index.html#37

このブックを見る